家族

【利用者の口コミを確認】保険相談サービスを選ぶコツを徹底解説

法人に最適な保険

説明

法人向けの保険は様々な種類がありますが、法人にとっては事業保障・退職金準備、そして節税の3つが大きな加入目的となります。特に法人税は国際基準からみてもまだ高いといわれていますので、節税ニーズは高いと言えます。この節税に対してこたえられる商品はいくつもありますが、最も選ばれている商品の1つに逓増定期保険があります。この逓増定期保険は一定期間経過後に保証金額が上がっていくタイプの保険で、企業の事業拡大に伴って必要補償額が増えていくという考えから出来た保険です。この逓増定期保険は一定期間経過後に解約すると高い返戻率で解約金が受け取れるタイプの保険ですが、保険会社各社が発売しています。まずは各社の返戻率のピークが大きく違ってきます。返戻率のピークを何年後に持ってくるかによって、どの会社を選ぶかが決まってきます。また支払保険料は3分の1損金処理できるタイプ、半分が損金処理できるタイプ、そして45歳満了で加入すると全額損金処理できるタイプと3つに分かれます。当然全額損金処理のものであれば節税効果は高くなりますが、それぞれ返戻率も違いますので、バランスを考えて選ぶ必要があります。当然各社保険料も違いますし、加入する際の体の診査基準や方法も異なります。逓増定期保険に加入する場合はまずいくらぐらい保険料を払えるのか、また節税効果をどこまで求めるのか、そして解約するとしたら何年後に解約するのかを考えて選ぶ必要があります。